40代の婚活秋ファッションに警告!流行りの色に騙されるな!

秋の婚活ファッション コーデ


今回は、秋の婚活ファッションのポイントについてお話ししていきます。

秋になると、普通ファッションのトレンドは、カーキ色や茶色、ワインレッドのような、わびさびの効いたような色が流行ってきたりするのですが、婚活ではその辺り、気にせずいくことがポイントです。

婚活ファッションにおいては、秋でも「春色」を使ってください。

どうしてかと言うと、婚活という場所では、四季を演出する、季節感を出すということより、性格が優しそうだと思われる、明るそうな性格だと思われる、若々しく見える、という部分が大事だからです。

だからそっちを優先、演出してください。

また、流行の最先端、すごくイケてるブランド、
それらを駆使した最高のおしゃれなファッションでも、婚活において、モテるとは限りません。

モテるファッションとおしゃれなファッションとは違います。

モテるファッションとは、「ちょいダサ」なファッション。

すごくダサいのもまずいかもしれませんが、キマりすぎているのは「隙がなく」みえて、かえってとっつきにくいもの。

「ちょいダサ」くらいが、ちょうど程よく隙がある感じで、良いんです。

また、高そうに見える服で固めていくのも、男性からのウケは 実はあまりよろしくありません。

あなたの服が実際に高いか安いかは男性には判らないことが多いので、実価格はご自由で結構ですが、

「きちんとしすぎない」「少し崩す」を心がけておくと、男性達からのあなたへの扱いがぐんと違ってきますよ。

色が与える印象で好感度UP

そして、心理的には、白を見た時・黒を見た時では、白が「善人」「清潔」というイメージがあります。

逆に、黒は「悪者」チックなイメージがありますよね。

このように、色が人に与える印象というものがあります。
人間の好き嫌いには、この心理的な印象が大きく影響します。

そういう意味では、季節感を出すとか、いけてるブランドを身につけるおしゃれは婚活以外の時にすることにしましょう。

婚活で効果のあるファッションは、面接で効果のあるファッション(リクルートスーツ等)のようなものです。

秋だからとか、何色が流行っているからとかにこだわりすぎると、うまくいく可能性が低くなります。

行っても何も起こらない…なんて悲しい結果になることも往往にしてあるので
それとこれは別と分けて考えてください。

快適かついい女に見える秋の婚活ファッションのポイント

秋口は、暑い日もあれば寒い日もありますので、
温度調整できる格好をすることが多くなるはずです。

その際、半袖の下に長袖Tシャツ等を着るよりは、半袖の上に長袖のカーディガン、ジャケットを着るほうが、より女性らしい感じを演出することができますね。

<h3>秋でもブーツは履かない</h3>
秋は、ブーツが流行りだしますよね。

それでも、婚活の場では甲見せのパンプスかハイヒール、または、バレエシューズを履いてください。
ブーツはおすすめしません。他の時に履くのが良いですね。

理由は...実際にブーツを履いて行ったりハイヒールを履いて行ったりしてみれば、分かりますヨ!

どうしても秋色を出したいとか、四季の感じを出したい、
そのわびさびを洋服で演出したくなる時期ではありますが、婚活の場では不要です。

どちらかというと、いつでも春みたいな気持ちで、これから芽吹くんだ、まだまだ若々しいんです、というようなことを演出できるといいですね!

この記事の筆者
あい結婚スクール
婚活コーチ 山部かよ


三重県出身、熊本市在住。
経験10年以上、相談実績5000件以上のベテランコーチ。

40代でも結婚相手に妥協したくない女性の心強い味方。 「2週間で3人から告白された!」等、ミラクル続々発生中! プロフィール詳細はこちら