アラフォー婚活で効果的なデートファッション、男ウケ鉄板はコレ!

男性受けするデートでのファッション
8月5日(日)
福岡で「今年中に結婚したいあなたのための、素敵な恋人の見つけ方セミナー開催」
詳しくはこちらをタッチ

婚活のファッションは、女性らしさを忘れないのが基本です。

デートをするということは、
すでにある程度人間関係ができている状態が多いでしょうが、
その時もできるだけ女性にしかできない服装にすると喜ばれます。

なぜなら、
多くの男性側にとっては
「異性と二人で会合」は、特別なイベントだからです。

男性達は、男同士で出かける
いつものうるおいのない体験ではなく、
「女性と会う」という雰囲気のある体験に
少なからずワクワクしているものです。

そこへダブダブのTシャツにダブダブのオーバーオール、
髪は乾燥してボサボサ肌はガサガサノーメイクの
飾り気のない女性が来たら…

スタイルが悪いから、恥ずかしいから、
体の線を消す様なチュニックなどの服を着て行こう…
という女性側からの視点しか考えないファッションは、
それを見る男性から言えば、ちょっとガッカリです。

まあ、それでも「腐っても鯛」で女性ですから、
男同士で出かけるのとは全く違う気持ちにはなれるでしょうが、
「男の夢」としては
やはりできればスカート履いて来てくれたら
「女の子とデートしてる感」有るなあ!と思えます。
ワクワク感もケタ違い。

さらに、
髪がトリートメントやヘアオイルなどでツヤツヤだったら、
しかも彼女からほんのりシャンプーかな?という甘い香りがしてきたら、
「うわぁ 女の子だなあ、男とは違うなあ、いいなあ♪」
というワクワクも更にUP。

プルプル光る唇や長いまつ毛などの女性らしい顔のパーツが
メイクで強調されていれば、更にあなたに女性の魅力を感じますし、
露出が程よく、鎖骨やうなじが見えたり、
手首足首ウエストのくびれが見えたりすると、
程よく見える女性らしい体の線に男性のトキメキもUP。

だからデートの時はブーツはやめてヒールにしましょう。
(アウトドアデートに行く時は別ですが)

男性がつけるようなゴツめのジャラジャラ系アクセサリーよりも
女性しかつけない様な、繊細でよく光る華奢なネックレスや
指輪(右手であっても薬指にはつけないで下さいね!)も
男性から見た女っぷりを上げてくれます。

これらに加えて
きちんとキレイに折り畳んだ、
女性らしい美しい柄のハンカチを持っていたり、
言葉使いが綺麗だったりすると更に良いですね。

逆に男性達から評判の悪いファッションの代表は
レギンスと派手なネイルです。

デートの時はレギンスの代わりに肌色ストッキング、
ネイルはナチュラル系にしましょう。

遊び人の男性は、悪女っぽいシャープな黒のスーツなども
乙で良いねえ、と好いてくれますが、

女遊びをあまり知らない真面目な男性は、
そういう女性を見るとフツーに「気がキツそう」「コワそう」と
まっすぐな感想を持つことが多いです。

男性に高く評価されたい場合は、やはり定番の
優しそうに見えるピンクや白、パステルカラーなどの
明るい優しげな色が鉄板です!

段々、慣れたきたからといって服装がいいかげんになり過ぎたり、
「男に媚びてると思われるのはシャク」という、
無駄なはねっかえりで損をしている女性も見かけます。
しかし「そのままの私を好きになって。」というには、まだすこし早いです。

よって、鎖骨、手首、足首をみせる、ウエストマークする、
スカートというポイントをおさえて、さりげなく女性らしい体の形を男性にアピールするのと良いでしょう。
こうすることによって「上品な色気」を演出できます。

明るい色を使うことによってあなたの顔色を明るく見せて、若々しく見せるのもおススメです。

男性にとって一番評判がいい格好は?

ストッキングスとパンプスです。
これは男性にとって一番評判が良い格好なので、絶対オススメです。

そして、大事なことは、
一緒に長い時間いたりするとつい気が緩んで、姿勢が悪くなってしまったりしてすると、
男性によっては少し幻滅されたりもしますので、せめて足を揃えるということを忘れないように。

おつきあいが長くなって、
遠慮も要らなくなれば、それほど気を遣わなくてもよくなります。

できるだけ彼の「男の夢」を壊さない気遣いをしてあげる優しさも「女らしさ」と言えるでしょう。

この記事を読まれている方は、こちらの記事も読まれています。
婚活のファッション40代女性NG編

この記事の筆者
あい結婚スクール
婚活コーチ 山部かよ


三重県出身、熊本市在住。
経験10年以上、相談実績5000件以上のベテランコーチ。

40代でも結婚相手に妥協したくない女性の心強い味方。 「2週間で3人から告白された!」等、ミラクル続々発生中! プロフィール詳細はこちら