女として扱われない40代女性に送る、最短で結婚まで進める方法

女として扱われないを解決


今回は、40代女性の婚活における、恋と婚活お悩み相談をいただいたので、解決していきます。

「30代位の人が居る場所では

『女性』として扱われず、
『年を取った女』という、

 別の生き物として扱われてしまいます…。」

というお悩みをお寄せいただきました。

 

歳をとったら
私は「女」じゃなくなるの?

こういった経験は、
40代女子には

誰もが大なり小なり
あることではないでしょうか。

若い女性ばかりが
ちやほやされて、

40代のアンタは
お呼びでない…!

と言わんばかりのヤな空気。

たしかにそんな状況になったら、
面白くありませんよね。
(≧ヘ≦) ムゥ

 

自分だって
こっそり婚活のつもりで来てるのに、

年上だからと、
一応丁寧にはしてくれるけれど、

実ははじめから恋愛対象外
な感じで扱われてしまう。


「私だって相手探してるのに!!」

と腹が立つこと、ありますよね。

(相手にとっては
どうしようもないことだと
分かっていても…。)

もし40代で婚活女子で
そんなこと思ったことない人がいるのなら、

それは超ラッキーです。

そしてかなりの例外です。

 

「最初オバサン扱い」は
割り切って受け入れてしまうと、後でトク。

逆に言えば、

「眼中に無い扱い」
をされる方が普通なので、

もう最初はしょうがないと
割り切っちゃった方が

かえってうまくいきます。

 

『最初、そういう扱いを受ける』のは
仕方がない、と思ってください。

ただ、

『ずーっとそういう扱いを受ける』のは
仕方がない、とは思わないでください。

 

どういう事かというと、

イギリスの素人オーディション番組
「ブリテンズ・ゴット・タレント」における

スーザン・ボイルのような
勝ち方をしましょうということ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スーザンは
2009年4月11日に放送された
「ブリテンズ・ゴット・タレント」に出場。

舞台に現れた彼女の垢抜けない外見や、
審査員の質問につっかえながら
答える姿はいかにも素人くさく、

将来の夢を聞かれて
「ミュージカル女優の
エレイン・ペイジのような
プロ歌手になりたい」
と答えたときには、

観客席から失笑もあがった。

しかし、

ミュージカル
「レ・ミゼラブル」の挿入歌
「夢やぶれて」の

最初のワンフレーズを歌う
彼女の歌声が会場に響くと…

審査員は目を丸くし、

観客は一瞬息を呑んでから
総立ちになり、

彼女に割れるような喝采を送った。

会場はスタンディングオベーションとなり、

審査員は3人全員が
「Yes(合格)」の札を出し、
最高の賛辞を贈った。

 

「みんながどう思っていたかは分かっている。

 けど、歌えればいいんでしょ?
 ミスコンじゃないんだから。」

ー スーザン・ボイル「サンデー・タイム紙」

(以上Wikipediaより抜粋)

 

あなたが本当は何者なのか、
ゆっくり理解してもらえばいい。

あなたがどれだけ
魅力がある女性なのかということを、

みんなまだ知らない訳です。

 

あなたがどれだけ
すごい女性なのか、

どれだけ魅力があって、
付き合ったらどんな幸せをくれるのかを、

始めはまだみんな知らないんです。

知らないんだから、

そういう扱いをしてしまうのは
しょうがないですよね。


(「相手の気持ちを考える」とは、

 こういう視点で
 モノを考えられることなのですよね。)

なので、

「たしかに私はもう40代だし、
 ぱっと見オバチャンで
 
 本当は私がすごいってこと
 みんな知らないもんね。」

「私と付き合えば、
 
 あなたのハートを
 グッと掴むような
 素晴らしい女なんだけど、

 そんなの長く付き合ってみないと
 わからないもんね。」

と考えて、

ちょっと余裕を持つようにしてみるといいと思います。

 

だからまず合コン等
特別親しくない人たちの間で

最初そういう扱いをされるのは
もうしょうがない

と割り切るところから始めましょう。

「割り切り」、それが大切です。

なぜならば、
こんな処でヘソを曲げているようでは

全然先へ進めないからです(笑)

 

年齢差別してしまっている男性に悪気は無い

そういう場所では、
最初から女性として扱われる必要はありません。

逆に

「私だけなんで
おばちゃん扱いされてるの!?」

「なんで20代30代の
女の子と同じ扱いしないの!」

って怒ってぷりぷりしてると、

「若い子と同じ扱いしろって…無茶な!」

「困ったオバハンやな・・・
 ンー…(-ω-`;)ゞ」

と思われるだけ。
マイナスのイメージしか残りません。

これは得策ではありません。
大人なところを見せましょう。

 

ホントは歳とってても、
まったく大丈夫♪

私の婚活スクールの生徒さんは
40代の人が多いのですが、

7割以上の方は好きな彼氏ができますし、
2人に1人は幸せな結婚まで到達されますし、

成功例がたくさんあります。

しかも皆さん、

お相手男性がまた

「えー!?」って
周りの人が羨むような素敵な人ばかりです。

最終的には
あなたもそこに行きつきますけど、

最初はこのような素晴らしい結婚・
素晴らしい達成をした方も、

やっぱり今のあなたと
同じところからスタートしています。

年齢差別されるからこそ、
あなたの良さが際立つ

つまり最初は、おばちゃん扱いされます。
そして、眼中に無い扱いもされます。

しかし、彼女たちがそうしたように、
あなたもその時は
大人の余裕を見せてください。

ニコニコして

「ここで女性扱いされなくても、
全然構いません。
お若い方でどうぞ。」

という姿勢をとりましょう。

 

40代女性ならではの
上手なアプローチ法

しかしここで、
ただそのままスゴスゴ引き下がれ、

という意味ではありません。

ここでしっかり
お友達として関係を作るのです。

異性は全然意識しなくて構いません。
まずはお友達を作りましょう。

そして、あなたを異性として意識してもらうのはその後です。

最初は
気楽・気さくで付き合いやすい、
ただのおばちゃんとして

付き合っていただいても構わないのです。

 

その上で、

少しづつお友達としての
人間関係を濃くしていきます。

もちろん、
あなたからアプローチをして、
意図的に関係を濃くしていきます。

最初はお友達として連絡し、
お友達として誘ってください。

食事に誘ってもいいし、
イベントに誘ってもいい。

「二人きりで」なんて
無理に誘わなくていいんですよ。

「皆なで行こうよ」でいいんです。

(ただ、そのメンツに
 彼好みの女性は入れないで下さいね(笑))

 

FaceBookなどのSNSで
実際に会っていないときも
交流をはかり、

心の距離を詰めていきましょう。

「友達として」どんどん近づいていこう

最初は大勢で一緒に
遊びに行っていても

あなたが幹事であれば
参加人数を調整できるし、
彼に連絡できる口実もあるので

できるだけ
あなたと彼は必ず参加する
他の参加者はその時々で入れ替わる

という風にしていけば、

自然とあなたと彼の距離は
縮まっていきます。

そして

「友達として」二人で飲みに行ったり
「友達として」電話したり
「友達として」一緒に勉強会に参加し
「友達として」食事したり
「友達として」映画を観にいったり
「友達として」悩み相談をしあったりしましょう。

 

…アタマの良いあなたなら、

もうお気づきですね?(笑)

 

そう、これって、

恋人同士でやることなんです。

ただ単に
わざわざ「デート」と
銘打っていないだけで。

実は
恋人や夫婦は

何も性的なことばかりして
過ごしているわけではないので(笑)

恋愛してるカップルだって
過ごす時間の8割9割は、

ただの友達と一緒にするようなことを
して過ごしている訳です。

 

そして、多くの男性達は

性的な部分でだけしか
女性を選んでいないワケではありません。

(中にはそーゆー男性もいますが、
 結婚相手を選ぶ方法としては、
 下手ピィな選び方だと言わざるを得ないでしょう。)

 

という訳で、

たとえば「お人柄」
「気が合うか」等、

性的な関係を持たなくても分かる部分、

つまり、
「お友達」関係のままでも分かる部分、

で、あなたの良さを
彼に存分に分からせてあげる事はできるのです。

(もちろん、あなたも
それなりにちゃんと
魅力を磨いてくださいませね。)

 

人間は、知れば知るほど
好きになってしまう生き物

 

実は、人間関係が
だんだん濃くなってくると、

相手はあなたのことを
女性として意識できるようになってきます。

あなたのことを知れば知るほどです。

(人間の習性が、そういうものなのです。)

 

これだったら、

最初から女扱いされなくても
平気なんですよねえ^^♪

年齢のせいで
最初は眼中にない扱いされても
大丈夫なんです。

彼に女扱いされない
40代の女性は

最初からではなくても
中盤以降で
女を意識してもらえれば、それでいいのです。

最初から男性に
女を意識してもらうのは、

主に 若い女の子にしかできないことなんです。

(あなたのお相手が すごい年上だったら話は別だけど…)

それを歳を取ってから
無理やりやろうとすると、

「カッコ悪い。みっともない。」と思われます。

だから、する必要はありません。

 

40代には40代のやり方がある

40代になると、
20代と同じ戦略ではいけません。

無様だと思われるだけで、逆効果です。

 

20代の女の子なら

ミニスカート履いて
キャッキャッとするだけ、
可愛い子ぶってみせるだけで、

それだけでモテるってこともあります。

でも、
例えばあなたが45歳で、
ミニスカート履いて
キャピキャピして、

モテることなんて無いですよね^^;

同じことしてちゃダメなんです。

 

あせらず、

最初はお友達として
近づいていって、

仲良くなってから
女らしいところを見せたりとか、

「私はあなたのことを
男性として意識しています。」

と伝えて行けば良いわけです。

 

一目で惚れさせようとしなければ、
勝率はある

先に人間関係を作ってしまってから、

後でゆっくり時間を使って
その人間関係を発展させる方が、

いきなり女を意識させて
惚れさせようなんて

自信ありすぎて無茶な
やり方よりもずっと

成功率が高いんですよ♪

なので、

20代30代の人達と
居るときに

その場で勝つことができる人も居ますが、

かといって
あなたまで無理やり

高いハードルを目指す
必要なんてありませんよね。

最初から
「若い者には負けとらん!」と、
無理な戦いを挑むより、

歳を取ってるからこそ勝てる、

人間性や人生経験など、
そういうところで勝負すれば良いです。

 

くだらないプライドは捨てて
実を取ろう。

最初から女扱いされれば、
あなたのメンツ(鼻柱)は
保たれるかもしれません。

しかし、それって、
ほとんど「キブンの問題」で

実はそんなに重要なことではないんですよ。

だって、

最終的に
あなたのところに
良い男が沢居る状態になれば、

それで良いはず。

 

その余裕が、あなたを魅力的に見せる

実際、

幸せな結婚をしていたり、
幸せな彼氏との交際をされている方は、

どこかの場で
おばちゃん扱いされたり

「あなたは関係ないもんね。」
と若い人だけで集まられても、

「あ~どうぞどうぞ。
お若い人たちだけでどうぞ。」

「がんばって^^」

という風に

おおらかに
思えたりするものです。

こういう、

20代30代の若い人達とは違う
アピールポイントを使って、

結婚までの道のりを進めていきましょう☆

 

 

この記事の筆者
あい結婚スクール
婚活コーチ 山部かよ


三重県出身、熊本市在住。
経験10年以上、相談実績5000件以上のベテランコーチ。

40代でも結婚相手に妥協したくない女性の心強い味方。 「2週間で3人から告白された!」等、ミラクル続々発生中! プロフィール詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です