婚活パーティーで知り合った彼と「結婚までの話の進め方」ガイド

婚活パーティーで出会った男性と結婚までの話の進め方


今回は、40代女性の婚活におけるお悩み事例を解決していきましょう。

今回のお悩みは、「婚活パーティーがきっかけで交際したはいいけれど、結婚まで持って行く方法がわからない」というものです。

結婚する気はある彼

そもそも、出会ったきっかけが婚活パーティーという場所なので、

あなたはもちろん、相手も結婚相手を探す前提で参加していることになりますね。

つまり、あなたがデートしてる相手の男性は、すでに、誰かと結婚する心の準備があるということですよね。

相手探しで婚活パーティーに参加したところで、あなたと知り合って、お付合いに発展しているわけですから、本来なら「結婚する気あるの?」なんて確認しなくたって、大抵の人は「する気がある」はずですよね。

出会いが婚活パーティーだったら、戸惑うことなく結婚話を始めても問題はありません。

早い人だと、付き合い始めてその次に会ったときにはもう、結婚話を始める人もいます。そしてそれで問題ないことも多いです。

特に40代だと、世の中の平均から言えば、子供が高校生なんていう人たちも多いわけですから、できるだけ早く話をまとめてしまいたいところ。

なので、基本的には、どんどん交渉してください。

仕事、ビジネスの交渉と一緒です。

ネット婚活でもそうですが、「結婚相手を探す場」で出会った場合は、結婚話は早めにしても差し支えありません。

私主催の婚活スクールの生徒さん達には、

ただの会社の同僚だったとかで、婚活目的で集まる場所で知り合っていなかったとしても、

結婚話は自分からしていくようにお伝えしています。

 

結婚話は自分から積極的にしていこう!

なぜかというと、男性から結婚話を出されることは、じっさいには案外少ないからです。

一番初めに、「結婚したい」と言う男性は多いのですが、「その先、具体的にどうするの?」となったときに、先頭立って進めない男性は多いです。

ですから、女性主導で進めた方が 実はずっとスムーズなんです。

なんせ結婚に興味があるのは、女性のほうが多いですからね。

婚活パーティーで付き合うようになったら、最初から相手の彼は、結婚を意識してる場合が多いですから、遠慮なく、どんどん結婚話を出していきましょう。

中には、彼からプロポーズして貰うことにこだわって数年間待ち続けたけれど、結局待ちきれなくなって自分から結婚話をしたら、トントン拍子で結婚が決まった…という方も。

いきなりプロポーズしなくてもOK

「結婚しよう」なんて、いきなりプロポーズしなくてもいいんですよ。

ただ単に、ふたりの将来の話をあなたからしてみてください。

彼がそのあなたとの結婚に対して、どんな風に思ってるかは、彼の反応を見れば大体分かるはずです。

「結婚」という言葉を出すだけで構いません。

しようよ、しようよ、と押し付ける必要はありません。

 

トントン拍子に結婚が決まるコツ

女性の方からサクサク結婚話をスタートして、

もし彼が「僕の稼ぎが…」とか、「今仕事が忙しいから…」など、話をそらすようなことがあったら、

そこで「何よ!グズグズ言うなんて、私とは結婚したくないって言うの?!」とキレちゃったりしたら、ハイ、おしまい^^;

そうではなく、彼の話をよく聞いてあげましょうね。

責任感の強い男性ほど、結婚に慎重になるのは当然。

 

なぜ彼はあなたとすぐ結婚しないのか?を見つける

あなたとの結婚に対して、彼の中で何がネックになっているかを一緒に見つけて、そのネックは解消できるのかを見極めて、話し合いながら考えを進めてみてください。

「妻子を養う経済的余裕がない、養える自信がない」(←これ多い)

が彼の中でひっかかっているならば、

たとえば「私もキャリアを中断させるつもりは無い。働いて稼ぐから、私を養う心配は要らない。」と伝えてあげてもいいかも知れませんよね?

「もし子供ができた場合は、数年はフルタイムで働けないかも知れないけれど、その為に今から貯金など準備しておきましょう。あとは産休&育休制度と、会社に仕事量調整で相談することにして乗り切るわ!」等具体案を提示してあげることで、彼を安心させてあげることもできるかもしれません。

もしかすると、40代のあなたと その年代に近い彼なら、子供は持たないというコースもあり得るわけです。その場合などは、彼は「妻子を養う」心配など要らないわけです。

そんな実体の無い心配のせいで あなたと結婚しないなんて、ナンセンスですよね?!

真面目な彼ほど、「最初から100%ちゃんとできると確信が持てないと、スタートさえしない」姿勢に陥っちゃっていたりするもの。

しかし、それって「大阪東京間で 全ての信号が青で揃ったのを確認しないと、自宅から出発しない。」と言っているようなもの。

これでは はっきり言って「マジメすぎて愚か」ですよね(笑)

 

「彼とは結婚できない」と分かるのも、早い方がいい

また、どれだけ話し合っても彼が納得しないとか、

彼が実は、「つきあうのは40代のあなたでいいけれど、結婚するなら20代前半の女性がいい」と内心こだわりがあったのが判明したとします。(←これも案外多い ^^;)

こういう場合は、当然あなたは20代前半に戻ることはできませんから、「ネックは解消できなさそう」ってことになります。

こんな場合は、仕方がないとさっさと見切りをつけて、次に行った方が良いかもしれませんね。

ダメならダメで、早く分かった方がいいですよね。無駄な時間を浪費せずに済みます。

このように、あなたとの結婚は彼の中で「アリなのか、ナシなのか」を早く確認するという意味もあって、結婚話の交渉を始めるのは、早めの方が良いのです。

 

結婚話は女性からしていることも多い事実

実は多くの既婚女性が、自分からプロポーズ(結婚したいと言う)か、

相手にプロポーズして欲しいと言っています。(一応この場合は「プロポーズして貰った」に入りますが…(笑))

特に30代以上の人達においては、純粋に男性から言い出していることって、案外少ないもの。

 

あなたも是非、恥ずかしがらずに、あなたから話してみてください。

「婚活パーティーで出会って、ちゃんと交際に到った」という流れになれば、結婚に至る確率は結構高いです。

婚活パーティーから交際に到る確率は低いのですが、その低い確率の中にもしあなたが入ったら、そこから結婚成立までの確率は高いです。

是非、安心して実践してみてください。

 

 

この記事の筆者
あい結婚スクール
婚活コーチ 山部かよ


三重県出身、熊本市在住。
経験10年以上、相談実績5000件以上のベテランコーチ。

40代でも結婚相手に妥協したくない女性の心強い味方。 「2週間で3人から告白された!」等、ミラクル続々発生中! プロフィール詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です